振袖をレンタルする際に事前に確認しておきたいポイント

成人式などハレの日に振袖を着る機会が近づいてきたら、昔は呉服店で反物や帯を選んで仕立てていましたが、今では着物そのものを着る機会が減り、貸衣装店でレンタルした方がお得で便利な時代となっているようです。レンタルは振袖を数回しか着ない場合、割安な費用で済みます。また着用後に染み抜きやタンス保管の必要がなくとても便利です。但し、レンタルでも新作や作家物になると費用はとても高くなり、標準的な振袖の購入費用と変わりません。その他、振袖のレンタル申込みの際に注意すべき点は、まず必ず試着することです。試着し全体の雰囲気や顔映りなどチェックしましょう。振袖の柄を見ると素敵ですが羽織ってみたらイメージと異なる場合もあります。次に料金ですが振袖と合わせて小物もセットされた料金なのか確認が必要です。またキャンセル時の料金も事前に確認しておくべきです。最後は振袖の受け渡し方法を明確にして当日に備えて下さい。

安心して振袖のレンタルを依頼できる業者の探し方

日常生活で着物を着る機会は少なく、結婚式や成人式、新年などお祝いの場面で振袖や留袖に袖を通すことが実情となっていますが、今ではハレの日でも洋装のセレモニースタイルの人も多いです。この状況でも呉服を購入する人はいらっしゃいますが、着用回数と購入費用を考えると必要な場面で振袖や留袖などをレンタルした方が便利で経済的な負担も軽減されます。今の時代、インターネットを通して様々なモノやサービスが享受でき振袖のレンタルも手続き簡単にネットレンタルが可能、全国どこでも届けてくれるのです。しかしネットレンタルの振袖はパソコン画面でしかチェックできないため、実際に試着するとイメージとかけ離れている場合があります。このような不都合を招かないためにはブライダルドレスや振袖などを専門にレンタルしている貸衣装専門店の利用をおすすめします。店舗には呉服のアドバイザーが常駐しており、振袖選びをサポートしています。

自分が思い描く振袖が揃う貸衣装レンタル店の見つけ方

結婚式や成人式など慶事を引き立てる華やかな振袖を失敗しないようレンタル準備するには、まず早めに貸衣装店選びから行動を開始する必要があります。貸衣装店も様々なので呉服の品揃えに力を入れている店やウェディングドレスを特化し、デザイナーズやインポート商品をレンタルの軸に据えている店もあります。このようにレンタル貸衣装店の営業特徴を知り、振袖をはじめとした呉服に強い専門店を選ぶことがポイントです。また呉服に強い貸衣装店は、概ねもともと呉服店として地域に根差した商店が多いようです。次に自分が思い描く振袖の選定です。実は柄や色調、構図など全体の雰囲気を現物チェックする方法があります。例年、各貸衣装店が開催する成人式振袖内見会に出向くことをおすすめします。会場には新作から人気の振袖が数多く出品されており、その中から必ずお目当ての逸品に出会えると考えます。